セキュア通信(SSL通信)の解説

豪

このエントリーはSSL通信を簡単に解説しています。

GoogleのChromeでサイトを閲覧していると

こんなふうにに「このサイトへの接続は保護されていません このサイトでは機密情報(パスワード、クレジットカードなど)を入力しないでください。悪意のあるユーザーに情報が盗まれる恐れがあります。」と出ることがあるよね。

Firefoxでも

こんな風に「この接続は安全ではありません」と出ることがあるよね。

これらの注意はなぜ出るかと言うとそれはそのサイトがSSL通信に対応していないからなんだ。

SSLはSecure Sockets Lyayerの略でインターネット上でデーターを暗号化して送受信する仕組みのことで、これに対応していると情報を暗号化してサーバと端末(PCやスマホ)間の通信を安全に行うことができるよ。

つまり先の注意が出るサイトはこのSSLに対応していないから、サーバと端末の間で悪意のある第三者に情報を盗み見られることがあるってことで注意が出ちゃうんだね。

SSL対応サイトでは通信が暗号化されるので

  • 経路上での盗み見(盗聴)を防ぐ
  • 送受信データの改竄を防ぐ

逆に言えば非SSLサイトでは

  • 経路間で情報が盗聴される
  • 送受信データの改竄が行われる

の危険性があるってことで、利用するのは大変危険だってことだね。

ちなみに当ブログはSSL対応していているので

Chromeで閲覧しても

と「この接続は保護されています」とちゃんと表示されます。

Firefoxで閲覧しても

と「安全な接続」と表示されるよ。

 

有名サイトでも未だにSSL対応していないサイトもあるけど、そのようなサイトはセキュリティ意識が低いサイトということだから利用を控えることをおすすめするよ。またデータ改竄の恐れもあるから情報そのものが間違っている可能性があるからあまり信用できないとも言えるね。

豪

特にクレジットカード情報や個人情報の入力を求めるようなサイトを利用する際はSSL対応しているか絶対に確認しよう!

タイトルとURLをコピーしました